「敏感肌」とはどういう状態のこと?

「敏感肌」とはどういう状態のこと?

肌のうるおいを保ち、外部からの異物の侵入を防くためには角質層のバリア
機能が正常に働いていることが必要不可欠。

 

このバリア機能の働きが低下すると、化粧品がしみるなどの刺激を感じやすい、
俗にいう「敏感肌」になります。というのも、バリア機能が低下した角質層の表面は、
荒れて細かい傷がついている状態です。そのために外部から異物が侵入しやすくなつたり、
刺激に対する抵抗力が弱まつてしまい、肌荒れが起こりやすくなるのです。

 

よく、「この化粧品が肌に合わないから私は敏感肌」などと考えて、化粧品を次から
次へと替えている人を見かけますが、原因は化粧品にだけあるわけではありません。
それ以上に問題なのはあくまでも、あなた自身の肌の角質層が荒れてバリア機能が
低下しているということ。保湿ケアをしつかり行つて、刺激やアレルゲンに対抗できるよ
うバリア機能がしつかり働いてくれる角質層へと近づけることが先決です。

 

なお、肌にトラブルが起きた時は、角質層の水分不足による肌荒れなのか、アレルギー性
接触皮膚炎などによる病的なかぶれなのか、きちんと見極めることも必要です。
かゆみやひどいカサつきを感じた時は、自己判断しないでまずは皮膚科を受診し、
適切な治療やスキンケアを行うことが肌のためには大切です。

 

http://xn--cck3b7byf2e.net/